マーケティング

マーケティング基礎「3C分析」

2017/11/26

効果的な広告を出すには、「顧客」「競合」「自社」3つを分析。

顧客(ustomer)

競合(ompetitor)

自社(ompany)

効果的な広告を出稿するためには、この3つの観点から、
ターゲット顧客とライバルに勝てる、またはライバルがやっていない、
打ち出すべき自社の強みを考えることが大切です。

1)顧客分析

どんなに商品が良いと思っても、それを必要とする人がいなければ売れません。
まず、その商品や分野にどんなニーズがあるかを徹底的に調査することが必要です。

分析の切り口
最近増えた客はどんな客か?また、減った客はどんな客か?
客の、悩み・きっかけ・躊躇・解消・決め手・実際に使ってみた感想。
既存顧客の属性分析(デモグラフィック属性/サイコグラフィック属性)
付き合いたくない客/理想の客

調査手法
仮説とテストマーケティング。
お客様アンケート。お客から直接ヒヤリングする。
インターネット上の声を拾う。/データマイニング
ポイントは、うちに来る前客にはどんな悩みがあったか。
どんなときにその悩みを強く感じるのか。など。

2)競合分析

その分野で先行するライバルが、何をアピールしているか調査する。
先行者にはなかなか勝てない。やっていない部分で勝負する。

調査手法
客の悩みを想定してネットで検索してみる。
ライバルがどんな広告を出しているか調べ、実際にホームページを見て、
調べる。など。

3)自社分析

自社の強みはなにか。
いまの顧客はなぜ、自社を選んだか。
客の悩みを解決する、ライバルに負けないポイントは何か。
ライバルがやっていないポイントはなにか。など。

調査方法
競合を調べて比較する。
顧客へのインタビュー、アンケート、など。

3C分析

 

<参考>鉄アレイモデル

もっとも有名な鉄アレイモデル「ドミノピザ」の例

客の悩み→「宅配ピザは、届いた時には冷めて硬くなっていて美味しくない。」

ライバル→「味、チーズの種類、ボリューム、トッピングの豊富さ。など。」

自社の商品・サービス→「熱々のピザを30分以内にお届けする。」

鉄アレイモデル

 

顧客の声や悩み(マーケット)をたくさん見ていくと、
多種多様なニーズがあることに気づきます。
その中には、見落としていたニーズが意外にも多いことに気づくことがあります。

一方、先行するライバルが、そのニーズに対してあまりアピールしていなければ、
あなたの商品・サービスがそのニーズをカバーしているものであれば、
そのマーケットに対してアプローチすれば、そのマーケットはあなたのものです。

 

-マーケティング