広告メディア

日本経済新聞 電子版<2018年10-12月>媒体資料

日本経済新聞 電子版2018年10-12月の媒体資料をご案内いたします。

日本経済新聞 電子版とは

https://www.nikkei.com/

新聞で培った情報の品質とインターネットの利便性を兼ね備えた新しいメディアです。
日本経済新聞の朝夕刊に掲載された記事全文が読めるほか、電子版独自のコンテンツも多彩です。
最新記事やコラムで構成するWeb刊は朝刊、夕刊の時間帯だけでなく24時間随時更新し、ビジネスの情報源として、忙しい日々を送るビジネスパーソンやビジネスエグゼクティブから高い信頼性と支持を得ています。

会員システムを支える「日経ID」

日経IDとは、日経グループのサービスを利用するに当たって、もれなく取得していただくサービス共通のIDです。
役職、年代、性別、居住地域など会員の登録情報だけでなく、アクセスログデータやコンテンツ情報もこのIDによって一元管理されています。
「日経ID」の持つデータを広告に活用することで広告主のマーケティング活動をさまざま方向から支援致します。

サイトデータ

PV:2億8416万/月 UB:3550万/月
電子版会員:400万人  電子版有料会員:60万人
日経ID会員:859万人
会員は大都市圏に住む30〜50代男性、半数近くが年収600万円以上

おもな広告商品について

①フロントページオーナーシップ

各枠 80万imps(想定) 500~700万円
● 月間約4000万PVを集める日経電子版の「顔」、トップページのレクタングル広告枠をジャック
●配信数、クリック数を日経ID会員の属性ごとにリポート
強く反応した層に日経IDターゲティングレクタングル/メールを配信することで、さらに効果的なアプローチが可能になります

②ターゲティングレクタングル(日経ID)

@1.2円~@6.0円
日経IDを活用し、ビジネス属性に応じたターゲティングができる広告商品です。
例)大企業エグゼクティブ 従業員1,000人以上かつ部長以上
高額所得層 年収1,000万以上または医師、弁護士、会計士など
製造業 など
※複数属性を掛け合わせる場合の在庫量や掲載期間については必ず事前に営業担当にお問い合わせください。

③タイアップ

800万を超える世界最大規模の顧客データベース「日経ID」の登録属性、閲覧履歴などを集約し活用。
より精緻なコンテンツマーケティングをサポートします。

【変更点】

2018年10月以降の改定ポイント
■価格改定
・ビルボード(100万imps/週)
-日経電子版トップページ :1,080万円
-日経電子版トップページ以外:720万円
・モバイルインフィード:2.0円/imp

繁忙期料金設定

下記対象商品は3月掲載分が正価比120%の繁忙期料金適用となります。

  • インリード動画
  • レクタングル動画
  • ダブルレクタングル
  • 第1レクタングル
  • Run Of NIKKEI各種
  • ターゲティングレクタングル(日経ID/サイトカテゴリー)
  • レクタングル(モバイル指定)
  • モバイルインリード動画
  • レクタングル動画(モバイル指定)

媒体資料

日経電子版01

ビジネスパーソンから高い支持を得る日本経済新聞の電子版

2010年からサービスを開始した「日経電子版」はビジネスの情報源として、忙しい日々を送るビジネスパーソンやビジネスエグゼクティブから高い信頼性と支持を得ています。また、掲載広告にも「信頼感」や「一流感」などのイメージを持つことから企業のブランドイメージ向上や認知獲得に寄与するクオリティの高いメディアとして注目されています。

日経電子版02

「日経ID」によって多様なターゲティングを実現

日経ID会員は約859万人。
会員は「電子版有料会員」と無料の「電子版登録会員」に区分することができます。
役職や年代、性別、居住地域などユーザーが登録した属性情報に加え、記事閲覧やサイトアクセスなどの行動履歴が日経IDで一元管理されており、目的に合わせたターゲティングが可能です。

日経電子版03
有料会員の基本プロフィール

有料会員の多くが関東圏に暮らす30〜50代男性、40%近くが年収1,000万円以上

日経電子版04 日経電子版05

影響力の高い役職者へのブランド認知・理解促進に有効

有料会員の6割はビジネスの意思決定に関わる役職者。 2人に1人が大企業に勤務し、4人に1人は経営に携わっていることから、 高い影響力のある層にアプローチすることができます。

日経電子版06

ハイクラスで良質なコンシューマーへのアプローチに有効

日経電子版の会員は平均世帯年収が高く、 資産運用や高級消費財への関心が高いことが特長です。 また、ブランドに敬意を示す思慮深いコンシューマーが集まっています。

日経電子版07

3種類のスマートデバイス専用サービスを提供

日経電子版は、スマートデバイスでも快適に閲覧できるWEB版とアプリを提供。
日経電子版モバイルと日経電子版アプリ上で広告メニューをご用意しています。

日経電子版08

モバイルメニュー

モバイルインフィード

●モバイル ●ディスプレイ

日経電子版09

● 記事の見出しタイムラインと同じフォーマットで広告を掲載。
● 情報接触感度の高いユーザーに向けて、その体験を損なわない自然な形でメッセージを届けます。

日経電子版10

※ 最低販売金額は50万円です。
※ 日ごと、時間ごとの均等配信は保証いたしません。
※ 第三者配信はお受けできません。
※ 日経電子版モバイル、日経電子版アプリの指定はできません。
※ 50万imp以上でお申し込みの場合は、原稿を2本以上ご用意ください。
※ ご検討いただける場合は、対象商材を弊社営業担当にお知らせください。媒体判断によりお断りまたは修正をお願いする場合があります。
※ OS指定はユーザー・エージェントによる判定となり、料金の割増率は150%、OSによるクリエイティブ・リンクの出しわけは120%となります。

日経電子版11

※ デバイスによって実際の表示サイズは異なります。このため、画像サイズは厳守ください。
※ リンク先がスマートフォン向けサイトでない場合、掲載をお断りする場合があります。
※ 視認性確保のため、画像にロゴや素材不可分以外のテキスト要素は表記できません。
※ 掲載面により広告主名、PRラベルの位置が異なる場合があります。
※ 掲載期間内に合計4本まで同時掲載および原稿差替が可能です。
5本以上の掲載または差替を行う場合は、5本目から1本につき2万円の追加料金がかかります。

レクタングル(モバイル指定)

●モバイル ●ディスプレイ ●繁忙期料金

日経電子版12

● モバイル向けのサービスにレクタングルを掲載。
● 「日経電子版モバイル」「日経電子版アプリ」各記事下に表示されます。
● Viewable配信を採用し、ユーザーに確実にメッセージをお届けします。

日経電子版13

※ 最低販売金額は50万円です。
※ 日ごと、時間ごと、サービスごとの均等配信は保証しておりません。
※ 第三者配信はお受けできません。
※ 日経電子版モバイル、日経電子版アプリの指定はできません。
※ OS指定はユーザー・エージェントによる判定となり、料金の割増率は150%、OSによるクリエイティブ・リンクの出しわけは120%となります。
(NIKKEI STYLEレクタングル モバイル指定を除く)

日経電子版14

※ 掲載期間内に合計4本まで同時掲載および原稿差替が可能です。
5本以上の掲載または差替を行う場合は、5本目から1本につき2万円の追加料金がかかります。

ご留意事項

本資料に関しては媒体社からリリースされている情報を元に作成されております。
資料には有効期限がございます。過去分については参考資料としてご利用ください。

また、申込・入稿期限に関しては都度ご確認ください。
記載されている金額に関しましても都度ご確認ください。

※お問い合わせは「お問合せフォーム」からお願い致します。

-広告メディア
-,